コペおじ的なドライブレコーダーの選び方。

30前回、

コペン(L880K)にドライブレコーダーのマウントを作成します。コペおじです。

ドライブレコーダーを取り付けました(未完成)

で、コペおじが実際に買って、取り付けてみて気がついた点などをまとめてみようかななと思います。

今後、新しいドライブコーダーを買うときにまとめとしようと思います。
また、新しくドライブレコーダーを検討されている方にとっても参考になえばと思います。

英語圏ではダッシュカムというらしいです

関係ない話なのですが、ドライブレコーダーは和製英語で、英語圏ではダッシュカムと言うらしいです。

もし、海外製のドライブレコーダーを探しているときはダッシュカム、DashCamと検索してみてください。

ドライブレコーダーを買う前に気をつけたこと

取り付けやすいかどうか

カーショップで取り付ける場合は気にする必要ないのかもしれませんが、(オイ
取り付けやすさは一応気にしたほうがいいかなと思います。

と言っても現在流通しているドライブレコーダーはほとんどフロントガラスにシールや吸盤で取り付けるタイプなので、あまり気にする必要はないのかなと思いますが……

フロントガラス取り付けタイプ


KENWOOD(ケンウッド) 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740フルハイビジョン GPS 駐車監視録画対応 高画質前後200万画素 シガープラグコード(3.5m)付属 microSDHCカード付属(16GB) 2カメ ドラレコ DRV-MR740

Amazonとかでよく見るタイプですね。
ドライブレコーダーって一度設置したら動かさないと思うので、シールタイプでいいと思います。

電源の配線問題はありますが、フロントガラスに取り付ければいいのですごく簡単です。

ダッシュボードやコンソールボックスの上にが逆向きで配置できる製品もあるみたいです。

コペンにはそっちタイプの方が良かったのかもしれませんね……

ルームミラー取り付けタイプ


Karsuite M7 ドライブレコーダー ミラー型 11.66インチデジタルインナーミラー スマートルームミラーモニター 純正ミラー交換 タッチパネル 前後カメラ Sony IMX335センサー 高画質 2560x1440P 常時録画 駐車監視 Full HD WDR 暗視機能 12インチ大画面 64GB SD卡付 防水構造 日本語説明書 12ヶ月安心保証

もう一つよく見かけるのがルームミラーに取り付けるタイプですね。

コチラは邪魔にならないですし、製品によってはバックカメラと連動させて駐車時に約だったりしますね。

こちらは、ルームミラーに取り付けるので、重量には注意したほうが良いと思います。重いものだと、ルームミラーの角度が重さでずれてしまう場合があり、車検に通らない場合もあります。

取り付け位置について

ただ、貼り付け位置には気をつてください。
道路運送車両の保安基準(第39条)で取り付け位置は定められているので、ソレ以外の場所だと車検に通らない場合もあります。

  • ガラス開口部の実長の20%以内の範囲
  • 車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲
  • 検査標章(車検ステッカー)にかぶらないようにする

となってます。

【ガラス開口部の実長の20%以内の範囲】
ルームミラーの高さぐらいに相当します。

【車室内後写鏡により遮へいされる前面ガラスの範囲】
ルームミラーの裏側って意味ですね。

【検査標章(車検ステッカー)にかぶらないようにする】
このステッカーが隠れるような配置は車検に通りません。

ようは、ルームミラーの後ろに隠れるように配置すれば大丈夫、ということらしいです。

ノイズ軽減タイプかどうか

ドライブレコーダーのノイズがカーナビやETCに影響してしまう


コムテック ドライブレコーダー ZDR-022 200万画素 Full HD ノイズ対策済 夜間画像補正 LED信号対応 専用SDカード(8GB)付 1年保証 Gセンサー 衝撃録画 高速起動 駐車監視機能付 ZDR022

カーナビやETCを使わない人でなければ、ノイズ対策品を買うことを強くおすすめします。


パナソニック カーナビ ストラーダ CN-RE06D フルセグ/VICS WIDE/SD/CD/DVD/USB/Bluetooth 7V型 CN-RE06D

コペおじのコペンにはストラーダのカーナビが付いています。
(購入時に中古屋さんに付けていただきました)

で、車載動画を取るために安っすいカメラをルームミラー付近に取り付けてたことがあったのですが、カーナビの現在位置がまともに取得できず、常に瞬間移動続ける、といった事がありました。

最初はカーナビが壊れたのかなと思ったのですが、カメラがない場合は正常に動いたので、カメラが影響していることがわかりました。

今のドライブレコーダーはスマホで映像が見える製品もありますし、wifiからもノイズは出てきますので、スマホで確認できるのを選ぶのか、ノイズ対策でwifiのない製品を選ぶのかをしたほうがいいとおもいます。

こういう事がありましたので、ノイズ対策の有無はしっかり見たほうがいいと思いました。

WDR機能、HDR機能の有無


ユピテル 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー 200万画素 GPS HDR WiFi機能 Gセンサー(衝撃録画) デジタル転送,広画角対角(フロント151°リア157°) DRY-TW9100d

WDRってなに?

暗いトンネルから明るい場所に出た時に一瞬映像が白飛びすることがありますよね?

これは、場所の明暗の差が激しい時になる現象なのですが、人間の目は優れているので、一瞬でその差を調整するので白飛びからすぐ普通の映像に変わります。

その機能をカメラに入れたのがWide Dynamic Range(ワイドダイナミックレンジ)つまりWDRといいます。

何をしているのかというと明るい場所、暗い場所の画像を合成して見やすい画像にしているということです。

HDRってなに?

正直、WDRと同じ機能です。

High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)といいます。

明るい映像と暗めの映像を複数同時に撮影し1つに合成して見やすい画像にします。

コチラは変換元が映像なのでWDRよりコントラストが落ちないという利点があります。

WDR機能、HDR機能はあったほうがいいかも

ドライブレコーダーは事故時の証拠となるものなので、黒飛びや白飛びしている映像で肝心な場所が見えない!といった事がないようにWDRやHDRの機能はあったほうがいいと思います。

とはいえ、激安品の中には明るさだけを変更して映像が変になってしまう性能の低い機能もありますので、この機能を重視する場合はレビューを見るなどしてしっかり確認したほうがいいかなと思いました。

記録した映像はすぐに確認できる方がいいみたい

モニター付きのが好ましいみたい


コムテック ドライブレコーダー HDR-351H 200万画素 Full HD 日本製&3年保証 常時録画 衝撃録画 レーダー探知機連携 補償サービス2万円

これはTwitterからの情報なので不確定要素ではあるのですが、事故した場合に、警察へ証拠提出する際、事故したすぐ見れるほうが証拠能力としては良いようです。

モニター付きでも録画された動画の再生機能が無いものもありますので、コレばかりはしっかり説明を読んで確認したほうがいいかと思います。

信号機に対応しているかどうか?

LED信号機は高速で点灯消灯を繰り返しています

信号機は人間が感知できない速度で点灯消灯を繰り返しています。
そのため、普通のビデオカメラでは信号機の色が映らない場合があります。

そのため、証拠として記録する場合は信号機対応の製品を選びます。

また、東日本と西日本でしの点灯速度が違うので、あまりにも安いものだと東日本のみ対応や西日本のみ対応っていう中途半端なものもあるので気をつけましょう。

アクションカムでは信号機の光は映らないことがあります

ちなみに、車載動画

で使っているSONYのアクションカムでは信号機の光が映らないことがありますので、ドライブレコーダーとしては使えないと思います。

前後カメラはどっちでもいいかも?

よそ見してないよっていう証拠にはなるよ

事故前提で書いてるのがちょっと悲しくなってきますね。

もし、事故しちゃった場合に、車内で何をしているのかとかは本人以外確認できない場合があります。
そういう時に動画での証拠が役立つ時が来ます。

常磐道あおり運転で、殴られた様子が取られてソレも証拠になったとかありますが、できる限りその使い方はしたくないですね……

お守りとして使うのがいいのかな?

ドライブレコーダを買った時に気がついたこと

ドライブレコーダーの大きさは気にしましょう

コペンには小さい方がいいよ!

コペンはフロント部が小さいので大きなドライブレコーダーはこの様にかなり飛び出します……


ユピテル 超広画角174°夜間特化ドライブレコーダー SN-SV70c GPS 衝撃センサー WiFi HDR SN-SV70c

こういう横長タイプを買ったほうがいい場合もありますね。

小さいドライブレコーダーはそれなりの値段が必要ですね……

アタッチメントも見てもいいのかな?

有名なメーカーなら外部品のアタッチメントが使えるかも

KENWOODやYupiteru、ガーミンなどの有名メーカーならば


【iSportgo正規品 S60】アルティメット ドライブレコーダー ミラー マウント、360度回転 バックミラー ホルダー ブラケット、6つ異なるアダプタ付け、Anero、コムテック(COMTEC)、Chortau、KENWOOD(ケンウッド)、TOGUARD、Transcend DrivePro、YI、HP、APEMAN、PathingTek、Gopro Hero、その他のほとんどのダッシュカメラに適用

SoeKoaドライブレコーダー 吸盤 マウント および接着剤マウント360度回転 吸盤式 ホルダー ブラケット、16つ異なるアダプタ付け、VANTRUE、Silintion、APEMAN、YI、Anero、Chortau、MILKFAT、Joyhouse、Muson、2 x接着剤両面接着テープ、3 xワイプ(乾湿両方)

こんな感じで取り付け器具だけ交換できるので、ルームミラーの柱に取り付けたり、ダッシュボードの上に配置もできる様になります。

コペンのように狭い車内の車でも、空間を有効に使えるようになります。

ざっくりまとめると

  • 買う前に取り付け位置を決めよう
  • ノイズ対策品を選ぶ
  • WDR機能、HDR機能はあったほうが証拠として使われやすい
  • 信号機に対応しているかどうか
  • 前後カメラ(室内録画)はお守り
  • モニターがついてて録画がすぐ確認できる方が事故時に都合がいいかも?
  • 車種によっては大きさを気にしたほうがいい

こんな感じでしょうか。

雑談の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です