コペン(L880K)のタイヤ交換について。タイヤサイズが特殊です。コペおじです。

車検を受ける上で色々調べてもらったのですが、その時「タイヤもそろそろ交換時期しても良いかもです」って話も出ました。

コペン(L880K)の車検もつもりを出したら20万の見積もりが出ました。。。コペおじです

今回は車検と、いろんな修理でいっぱいいっぱいだったので後日にもわすことにしました。

タイヤの話が出てきたので、今回調べてみましたがコペンってタイヤサイズが特殊なので若干タイヤが高いです(汗

タイヤ選びについてコペおじなりに調べてみました。

コペンのタイヤは特殊サイズ

純正は165/50R15

お店によってはおいてないところも……

前にメンテナンスで少しタイヤについても書いたのですが、かなり流し目で書いたので、今回改めて調べることにしました。

コペン(L880K)のメンテナンスで必要な物について。コペおじです。

調べていくうちに、そもそも165/50R15のサイズの車が少なくてカーパーツショップ系ではおいてないお店も多いことに気が付きました。

あっても、他のタイヤの2割増しだったり……

スタッドレスタイヤに至っては生産しているものが本当に無く、他のサイズの2倍ぐらいの値段もしてしまうようです。

いっそのことタイヤサイズを変えてみる

スタッドレスタイヤを履く場合はインチダウンする人も多いみたいです

じゃあ雪の降る地方ではどうするかというと、14インチにインチダウンすればスタッドレスタイヤもあるみたいです。

ネットの情報でも多くの人が14インチにインチダウンしているという情報が出てきますので、大丈夫だと思います。

インチダウンの定番サイズは165/55R14

コペンオーナーさんがインチダウンされるときに使うサイズが165/55R14みたいですね。

ただ、このサイズは純正より小さくなるので、車高がもっと低くなります。

タイヤサイズ タイヤ外径 誤差 値段(参考)
165/50R15(純正) 546mm 0mm ¥28,000~
165/55R14 538mm -8mm ¥24,700~
165/60R14 554mm +8mm ¥26,800~
155/65R14
558mm +12mm ¥23,800~

表にしてみるとこんな感じです。
(165/60R14はタイヤ専門店でも余り推奨してないみたいなので参考値としました)

ローダウンを目指している人は165/55R14が良さそうですね。
サイズが小さいので、タイヤハウスに干渉することもないようです。
(コペンのスタッドレスタイヤの設定が165/55R14の物が多いようです)

逆にリフトアップしつつ純正に近づけたい人は165/60R14が良さそうです。
少々変なサイズらしくこちらもそこまで安くなる感じがないようです。。。

155/65R14というサイズはよく出回っているサイズになるので安いタイヤが買いやすいです。
あとコペンにも搭載の情報が多くあるタイヤサイズになります。

ブレーキキャリパーとも干渉しないのがこのサイズになるみたいです。

ただ、1cm以上も大きくなってしまうので、場合によってはタイヤハウスと干渉してしまうようです。
ハンドルをめいいっぱい回した時(フルロック状態)だとぶつかるようです。

コペおじとしてはリフトアップ化を目指しているので、車高が高くなる155/65R14のほうが気になるところですが……むう。

14インチ化すると曲がりにくくなるかも

情報こそ少ないのですが、14インチにダウンすることで、曲がりにくくなったと情報が有りました。

14インチになるとタイヤ幅が狭いものになることが多く、165mmよりも155mmだと曲がりにくくなるようです。

なかには思ったよりハンドルを切らないと曲がってくれないと感じる方もいるようです。

144インチ化するとエアクッションが増えるので突き上げが優しくなります

タイヤのゴムの領域が増えるので、それだけクッション部分が増えることになります。

15インチよりもクッション性が高まり、乗り心地が良くなったと感じる人もいるみたいです。

コペおじのインチ変更の考え方

タイヤサイズ イーグル LS2000
(グッドイヤー) 
ADVAN フレバ
(YOKOHAMA)
WINRUN
(WINRUN)
165/50R15(純正) ¥32,700~ ¥58,900~ ¥28,000~
165/55R14 ¥27,700~ ¥74,800~ ¥24,700~
165/60R14 ¥26,800~
155/65R14
¥27,500~ ¥51,400~ ¥23,800~

カーポートマルゼンより
https://www.maluzen.com/

純正が一番だけど……

デメリット:値段が高い(汗

他のサイズと比べてしまうと、1,2割り増しの金額になってしまいますね……

あと、お店によってはおいてないこともありますので、交換しに行こうといざカーパーツショップへ言ってみたらサイズがなかった!なんてことも有りえます。。。

メリット:純正なので問題が少ない

純正サイズのなので、タイヤハウスに干渉することもないですし、車検でNGを受けることも有りません。

乗り心地もおそらく大きく変化があるわけではないのですので、その点も安心できるメリットですね。

ローダウンしたい人は165/55R14かな

デメリット:そこまで安くない

サイズ的にはそこまで一般的ではないため、若干高めになります。

コストを考えると選択肢から外れることが多いでしょうか?

とはいえ、ホイールとタイヤ、車のバランスも良くてあえてこのサイズを付けている人もいるようです。

メリットに書きましたが、1cmほど車高が下がりますので、若干のローダウン効果があります。
コペンは車高が11cmともともと低いほうですのでより段差に気をつけて乗り越える必要が出てきます……

メリット:曲がり安さはそのままでローダウン効果あり!コペンに搭載実績多数

こちらのサイズは多くのコペンオーナーが施工されてるので実績があります。
実績があるので変更する分にも安心ですよね。

また、タイヤの外径が8mm小さくなりますのでローダウン効果があります。

車高を下げようと考えている方はタイヤサイズを変更するのも一つの手段だと思います。
デメリットの面で書きましたが、車高が低くなるので段差には気をつけて運転する必要が出てきます。

ホンダのライフや旧型ワゴンRで採用されたことも有り、純正よりは安めの金額になっています。

純正に近づけてリフトアップなら165/60R14かね

デメリット:そこまで安くない、より特殊サイズになる

純正サイズの165/50R15よりも特殊サイズになることが有り、上の表でもあるように取り扱ってないタイヤブランドもあります。

あったとしても純正とほぼ変わらない値段で売られているかと思います。

メリット:曲がり安さはそのままでリフトアップ効果

165/55R14と違ってタイヤ外径が8mmアップしますので、若干の車高上げになります。

タイヤ幅はそのままなので、曲がり安さは純正とほぼ同等な感じだと思います。

コスト重視なら155/65R14が一番いい

デメリット:曲がりにくい、タイヤハウス干渉

タイヤが10mmほど細くなりますので、曲がりにくい、止まりにくいなど感じる人も出てくるかも知れないです。

また、12mmもタイヤ外径が大きくなるので、タイヤすり切り時などに干渉してタイヤハウスにぶつかると思います。
あと、場合によりけりですが販売員がタイヤハウス干渉や外径の違いでこのサイズを取り付けることを嫌がるかも知れないです……

メリット:価格が安い、リフトアップ効果、コペンに搭載実績多数

ムーブやタントなどの純正サイズなので、タイヤの種類としても数も多く、値段もこなれて一番買いやすいタイヤサイズだと思います。

しかも、12mmも大きくなるので目に見えてリフトアップ効果があると思います。

そして、こちらもコペンに搭載実績が多いのでタイヤハウスに干渉する問題はありますが、安心して付けられますね。

コペおじが選ぶなら純正の165/50R15か安価な155/65R14かな?

やっぱり純正が一番

純正が一番問題が起きづらく、トラブルが合ったときに対応しやすいですからね。

タイヤが高い問題もありますが、その分安全を買っていると思います。

また、カーパーツショップでは撃っているお店がないと書きましたが、ダイハツディーラーさんならばこのサイズのタイヤは常備していると思います。
(現行のコペンも同じインチ数のタイヤを履いているので在庫は常備していると思います)

他の車との共有もできる155/65R14が次点です

共有と言っても他の車から共有することではなく、他の車と互換性があるのでもし、トラブルが起きたときに対応しやすいからということです。

高速道路でタイヤがパンクして早急に対応が必要!ってなったときに流通の多いモデルなら対応してくれるお店が増えるので対応がしやすいというのがあります。

あとはリフトアップ効果も魅力的なので……

ただ、タイヤ断面幅が増えるので、ホイールデザインもこだわらないとちょっとダサくなってしまうかも知れません(汗

メンテナンス、修理の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です