コペン(L880K)のエンジン廻りのメンテナンスについて考えてみた。その3。コペおじです

車検でのプーリー交換をきっかけにコペおじが勉強する内容の第3段です。

前回、エアクリーナーエレメント、ウインドウォッシャ液、クーラントに付いて書きました。

https://copen.site/maintenance/563/

今回は、ブレーキフルード、ATFについて書きたいと思います。
この2つは正直専門的な知識がある人じゃないと作業は難しいのかなと思います。

ブレーキフルードなんてエア抜きを正しくやらないとブレーキの掛かりが悪くなって事故の元になりかねないですからね……

コペンのエンジンルーム周りでできるメンテナンス項目

ブレーキフルード

基本的にブレーキフルード交換は二人で行う作業ですね

整備工場などでは片方がブレーキを踏む係、片方はフルードを監視する係と別れて行うか、専用の機械を使うみたいですね。

手順を間違えたり、フルードの中に空気が入ってしまうと、ブレーキがかからなくなる元になりかねないので、安易に手を出して良いものじゃないとコペおじは思います。

ブレーキフルードの交換手順


Amazon|ANR ブレーキブリーダー エアー式 ワンマン ブレーキ液 交換機 真空ツール メタル プラスチック アダプター 付き
価格:¥2,980

今回、コペおじもやったこと無く、覚えている知識で書きますので、間違っているかも知れないです。
間違っていたらコメント欄などで指摘していただけると嬉しいです。

まずはジャッキ上げして、ブレーキキャリーパーに付いているブリーダーキャップを抜きます、で、買ってきたブリードホースをつなげてからプラグのナットを緩めます。
ナットはすべて開ける必要はないです。ブレーキを踏んだときにフルードが流れればOKです。
緩めたら、ブレーキを踏んでブレーキフルードを出します。何回か踏まないと出ないときがあります。
フルードタンクを見に行って、Lowまでフルードが下がらないように新しいブレーキフルードを追加してください。すべて抜けてしまうとブレーキが聞かないどころか、新しいフルードも空気のせいで入らなくなってしまいます。
ある程度フルードを抜いて、継ぎ足してを繰り返したら完了です。

のんびりCarLife 1人でブレーキフルード交換!
https://minkara.carview.co.jp/userid/2235923/car/2015932/3765121/note.aspx

こちらに一人で交換されている記事がありますので、参考にしてみてください。
コペおじはめんどくさそうなのでお店に頼んでしまいます(笑

コペンのブレーキフルードは汎用品でOK


Amazon|カストロール ブレーキフルード React パフォーマンス DOT4 500ml Castrol
価格:¥1,803

ブレーキフルードは汎用品で大丈夫です。

ただ、余り安いのではブレーキ性能が悪くなる恐れもありますので、自己責任でお願いいたします。

ブレーキフルードの交換時期は2年~4年

車の使用頻度や使い方にもよりますが、だいたい2年~4年でブレーキフルードを交換すると良いみたいですね。
車検時に合わせて交換することも多く、ちょっと値段が上がってしまう要因にもなってます(汗

ATF(オートマチックフルード)

オートマチック車限定のオイルですが、最近CVTが増えてきたのでCVTオイルに変わりつつあるのかな?

オートマチック車にあるオイルですね。トランスミッションの潤滑や洗浄などで使われているオイルです。

CVT車にも同じようなオイルがあります。

このオイルを交換すると、AT車ではレスポンスが良くなったりします。
(コペおじのコペンは車検後と車検前でレスポンスの向上が感じられました)

向上というよりかは本来の力を取り戻したと行った感じでしょうか……

ATFの交換手順

基本的にはエンジンオイルと変わらないのかな。

  1. 車体下部についているATFのオイルパンのボルトを緩めてATFのを出す
  2. 抜けきったらボルトを止めて、抜けたオイルの量を測ります
  3. 抜けたオイルと同じ様のATFを用意します
  4. エンジンルームのATFの給油口から漏斗などを使ってATFを流し込みます

以上がATF交換の手順です。
エンジンオイルと同じ要領なので、こちらは比較的簡単な気がしますね。

inoman007 ATF交換(希釈)
https://minkara.carview.co.jp/userid/2349231/car/1842528/3626406/note.aspx

こちらに詳しい交換方法が書いてありましたので、ご参考にしてください。

コペンのATFは純正がAMMIX D3-SPです


Amazon|DAIHATSU/ダイハツ純正 ATFオイル AMMIX/アミックス D3-SP 20L 純正品番:08700-K9004
価格:¥16,760

純正品は「AMMIX D3-SP」なのですが、量が多くない……?

エンジンなどのカスタマイズとかしていなければ純正品を使えば間違いないと思います。


Amazon|カストロール オートマチックトランスミッションフルード ATF Dex III 1L部分合成油 DEXRON III-H適合 Castrol
価格:¥1,550

こちらも評価が高いみたいですね。

エンジンなどをカスタマイズされている方は、その分酷使されている箇所もありますので、それ専用のオイルを使ったほうが良いのかなと思います。

ATFの交換時期はが2万キロ~3万km

最近の車では10万kmまで対応しているみたいですが、コペンでは一般的な2万~3万kmぐらいで交換したほうが良いのかなと思います。

以上で解説を終了します

本当なら実際に交換して、それをお伝えするのが一番わかり易い方法だと思うのですが、いかんせん場所がなく……

最近お車はノンメンテで10万キロ走れちゃうものもありますし、こういった交換は一般的ではなくなるのかなと思います。

とはいえ、大切な愛車を守っていくためにも、こういう細かいメンテナンスをしていって長く乗れるようにしていきたいなと思います。

 

どこかの安い土地買おうかな……

メンテナンス、修理の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です