安全対策のためコペン(L880K)に衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1を取り付けるよ。こぺおじです。[動]

コペンのデメリットとして視界が悪いことがあります。
これを解決すべくコペおじは色々調べた結果、
後付できる安全装置があることを知りました。

ということで、少しでも安全運転ができるように、

衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1

を取り付けてみることにしました。

購入周りの記事は
安全対策のためコペン(L880K)に衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1を買ったよ。こぺおじです。
を見てください。

早速マエミテを取り付けるよ

まずはコペン(の内装)を分解だ!


今回はシッカリ取り付けていきたいので、内装を分解してそこに配線を行いたいと思います。
取り付け位置はルームミラーの後ろにしたいので、配線はAピラーを通して上の内装を通し、指定の位置からコードを出して露出を最低限に抑えようと思います。

コペンはオープンカーなので、天井も普通の車とは違います。
Aピラーや天井の内装を剥がすには上の写真の丸に書かれたネジやナットを取り出す必要があります。

  • サンバイザーのを止めているネジ
  • メタルトップの留め具
  • ルームミラーのネジ

これらのネジをすべて取る必要あります

取り付けるマエミテですが、先に取り付けています。
こちらは両面テープで止めるだけなのでじゃまにならない位置に取り付けましょう。

忘れがちなのが、ルーミラー内にあるネジです。
ここのネジもフレームに付いているので外さないと、内装が剥がれません。

すべてのネジを外すとこうなります。
ルームミラー、メタルトップの留め具 には信号線があるため、外す時は慎重に行ってください。
メタルトップの留め具に使われているナットは

トルクスネジ T30 というものが使われています。
十字の切り込みの入った一般的なネジではなくて星型の切り込みの入ったネジになります。

コペおじはコペンのメンテナンス用も兼ねて
今後いろんなことにドライバーやトルクスレンチを使うと思い
ソケットレンチセットを購入しました!

車用ではないみたいなことを書かれたりますが、内装系のメンテナンスならこれで足りると思います。

外国産でしたが、ものはしっかりしていますので、おすすめです!

すべてのネジを外しても、爪で止まってますので内装が落ちてくることはないと思います
(コペおじのコペンは運転席側の爪が一つ折れていて右側の止めがゆるくなっていました……)

ハンドパワーや内装外しを使って丁寧に外した姿がこちらです。
こうやってケーブルが出てくるのであくまでも内装を剥がす時は慎重にやってください。
意外と内装が重くて剥がすだけで汗だアクになりました……
(というか、作業時は太陽直撃で体温も上がっていたと思います)

ということで、みんなは日陰の涼しい環境でカスタマイズはしようね!コペおじとの約束だぞ!

Aピラーは爪で止まっているだけなのでハンドパワーか内装剥がしを使ってはがせます。
コペおじのAピラーには前オーナーさんがツイーターを設置したみたいなので、慎重に剥がしました
(このツイーターも接触不良で音がでないときがあるのでいつか交換したいです)

ここまで剥がせばあとは配線をして直せば終わりです。

ね、かんたんでしょ?

マエミテを使うために電源確保するよ

電子機器を取り付けるので何よりも電気がいると思うのですよ。
ということで、どうにかして電気を得る必要があります。

手回し発電機で自前発電するわけには行かないので、車のブレーカーボックスから電源を取ることにします。
コペンのブレーカーボックスは運転席側の、ポケットの下にあります。
ここはネジ止めもされていないので、引っ張ればカバーが外れてこの状態になります。

写真の赤丸で囲った場所がシガーソケットのブレーカーになるので、ここから分岐させて電源を取ることにします。

取り付ける器具はこちら、ヒューズからシガーソケットを増設するキットです。
これなら、複雑なはんだ付け(?)をする必要もありません。


これをヒューズボックスに取り付けて、

マエミテは助手席側から配線するので
センターボックスの裏へ通して助手席側に出します。
このままだとみっともないので、センターボックスの後ろに隠すようにしました。
あとは、アースを取り付けていきます。

アースはグローブボックスの留め具についているボルトに取り付けました。
本当はカーナビとかが使っているボルトに接続しようと思っていたのですが
固着していて全然緩まなかったのでこちらに取り付けしました。

さて、電源の確保もできましたので、マエミテを取り付けしていきます。

実際にマエミテを取り付けするぞ

ついうっかり結束バンドを忘れてしまったので
両面テープで配線したケーブルをくっつけました。
こちらからAピラーを通してグローブボックスの裏を通り、
先程増設したシガーソケットへ接続します。

接続したら、内装を手順を戻すように取り付けていきます。

上手く取り付けることができました。
最小限のコード以外はすべて内装内に隠すことができました。
通電もちゃんできているようで、マエミテに電源を入れることもできました。
作業時間は2時間ほど、手順が悪くて何回も取り付けたり外したりしたので思ったより時間がかかってしまいました……

内装を剥がすのは大変ですが難しいことではないので、みなさんもやってみてはどうでしょうか?

実際に動作させてのレビュー

youtubeに動画を公開したらここに貼り付けます。
すみません。

うるさい(笑
自分が思っているより遠くで反応するみたいで、かなり余裕があるところでも知らせてくれますね。
とはいえ、アシストがあるだけでも気持ちの持ちようが違うのでこれはこれでありな気がします。

動作させているときの動画がありますので、よければこちらを見てください。

音で知らせてくれるのは良い!

ボリュームは3段階で切り替えられて、最大だとかなりうるさいです。
安全支援の使い方なら過剰に反応していいかなとコペおじは思ってましたので、うるさいぐらいで丁度いいのかなと思います。
車が前にいるとかなりの確率で反応するので、精度は意外と高いのかなと思います。

誤反応するポイントが有る

誤反応は結構あります。
というか、自転車や歩行者が前を通ると反応することがあるので、車だけに反応というわけではなさそうです。
これはこれで歩行者や自転車の注意もできるのでいいのかなと思います。

あと、横断歩道やカーブミラーも反応するので、車や歩行者が一切ないときに反応することがあります。
これはこれで、横断歩道やカーブミラーがあるときに反応してくれるのであってもいいのかなって気はしますね。

まとめ

レビューではうるさいとか反応が悪いとかありましたが
そんなに悪くないと思いました。

流石に100%の反応や誤反応なしはありませんが、
誤反応したときに対応できるような注意力があれば逆に安全につながるのかなと思いました。

他のメンテナンスはこちらにあります

コペン(L880K)のオイル交換を行います。準備編。こぺおじです。

コペン(L880K)のオイルの交換を行います。実践編。コペおじです。

他のカスタマイズはこちらにあります

コペン(L880K)のドアミラーを変更しました。コペおじです

コペン(L880K)にTAKEOFFのドリンクホルダーを取り付けたよ。コペおじです。

コペン(L880K)のためにドライブレコーダー(AZDOME JPDOME-GS65H)を買ったよ。コペおじです。

安全対策のためコペン(L880K)に衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1を取り付けるよ。こぺおじです。

安全対策のためコペン(L880K)に衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1を買ったよ。こぺおじです。

カスタマイズ、車いじり | レビューの関連記事

2 Replies to “安全対策のためコペン(L880K)に衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1を取り付けるよ。こぺおじです。[動]”

  1. 衝突警報システム Maemite(マエミテ) FCW-L1を取り付けたいが
    自車はトヨタシエンタで追突防止はついています。
    信号待ち、渋滞で横見運転のために誤発信は効果は発揮しますか。
    教えてください、お世話かけますがよろしくお願いします。
    澤田 武   72歳

    1. コメントありがとうございます!
      Maemite(マエミテ) FCW-L1は赤外線センサーによる判定ですので、シエンタについている追突防止システムと赤外線センサーが混線しないか心配ですね……
      調べてっみましたら、シエンタ(トヨタセーフティーセンス)はレーザーとカメラ認識で動くみたいなので同時に動かすことは可能みたいですね。

      Maemite(マエミテ) FCW-L1の向きを細かく調節すれは前方の車をかなり良い精度で発見してくれます。
      センサー向きの調整がかなり細くしないと誤検知が多いのが難点ですが……

      移動中の接近の警告は行ってくれますが
      停止中からの誤発進による警告は弱いっていうのが感想です。
      感覚的に時速30km以下の走行状態は警告しないような設定が行われているような気がします。

      そのため、信号待ちや渋滞での誤発進に関してはMaemite(マエミテ) FCW-L1では効果は期待しないほうが良いのかなと思います。

      説明が下手ですみません。
      こちらで回答になっていますでしょうか?
      他にこちらでお答えできることがありましたら気兼ねなくコメントしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です