コペン(L880K)で格安OBD2診断機の使い方。コペおじです。

以前に格安のOBD2の診断機を買ったことをお伝えしました。

OBD2診断機を買いました。コペおじです。

今回はコレを実際に使ってみたので、
その使用感とか使い方について書いていこうかなと思います。

Amazonで1500円以下のOBD2診断機ではありますが、
評判では十分な性能を持っているようです。

そのあたりもコペおじの感じたことをかけたらなと思います。

OBD2診断機を使ってみたよ

ということで、
前回は外観チェックしかしてなかったので
今回は実際に使ってみました。

OBDは複数の種類があるので自分の持っている車のOBDに適合する機器を使う必要があります。

例えば、コペン(L880K)は
OBD2のバージョン1.5でないと使えません。


Amazon | obd2 診断機 ELM327 v1.5 価格:1,369円

コペンのOBD端子が変なところに有るので、
気軽につけるのが難しいんですよね……

ということで、取り付けについても書いていこうと思います。

OBD2診断機の取り付け方

ということで、OBD2診断機を接続するのですが、
上の写真は運転席側のインパネを下から覗いたものになります。

実はここにOBD2の接続端子が写ってます。

が、全くわからん!

本当はインパネを外すことなく
取り付けようと考えていたのですが場所がわからないと手探りで取り付けは難しそうなので、実際に目で見えるようにインパネを外すことにしました。

当然、上から見ても何処に有るか見当たりませんでした

最後の悪あがきで、ステアリングコラムの隙間から見えるのかと思ったけど、
この隙間じゃ全く見えないですね(汗

見えたところで繋げようがないのですが……

センタークラスター側、インパネのパネルに隠れてました

で、スマホカメラと格闘すること数分。

やっとOBD2の接続端子を捉えることができました!

場所としては、インパネの手前側で、センターコンソール側にありました。
で、端子が斜め上を向いているので角度を変えればなんとか見えるかなといった感じでした。

インパネを外します

大人しくインパネを外すことにします。
運転席のアクセルやブレーキレバーの手前辺りに上向きでネジ止めされているのでそれを外します。

リフトで車体を上げない限り目視できない位置にあります。
ネジを外す体勢も良くないので、たった2個のネジを外すだけでも苦労しました(汗

ネジ番号はプラスの2番です。

他にも使われているサイズなので、一本車に常備しても良さそうです。

ネジを外しても爪で止まっているので、
そのまま落ちてくることはありません。

奥側を手で引っ張れば簡単に外すことができます。

ELM327を取り付けるよ

運転席のドアから外したインパネを見た所です。
錆びたステーが伸びてまして、この先にOBD2の接続コネクタが付いています。

写真ではアクセスしやすいように見えますが、
シートの座面が合ったりして腕が入りにくい位置にあります。

ほとんど手探りですがELM327を取り付けてみました。
ロックがついているのではめるとズレないようになっています。

ステーがたわむので、取るときが大変でした。。。

CarScanner ELM OBD2と接続するよ

AndroidにはOBD2の診断アプリがたくさんあります。

今回はCarScanner ELM OBD2という
アプリを使いました。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ovz.carscanner&hl=ja&gl=US

この診断アプリはたくさんありまして、
無料、有料と性能もそれぞれで違います。

コペおじは適当に目についたものを選んだだけなので
これと言ってこだわりはありません。

アプリは個人の好みで使って良いんじゃないかなと思います。

スマホと接続してみるよ

ELM327を接続したあとにエンジンをかけます。
OBD2の接続端子は常時給電されているので接続できるかもしれませんが、
不安定なのでエンジンを掛けてから接続設定をしたほうが良いと思います。

エンジンを掛ければ、電力が安定するので安定して接続することができます。

ELM327と接続するにはBluetoothを使います。

上の画像はエンジンを掛けてスマホのBluetooth設定を開いた所です。
Bluetooth検索をすると「OBDⅡ」というデバイスが見つかります。

パスワードを求められるので「0000」と入力してください。

接続が完了したらスマホ側の設定が完了します。

それではCarScanner ELM OBD2で診断してみましょう。
最初に社名を選ぶので「DAIHATSU」を選択します。

次が注意ポイントで、OBDの種類を決めるのですが、
このJDM – K-Line var.2を選んでください。

最初にこの設定を違うものにしたら診断できませんでした。。。。

設定を完了するとすぐに診断結果を取得することができます。

正しくELM327を接続できると、
このような画面が出てきてOBD2に
出力されるデータを読み込むことができます。

OBD2診断機を使ってみて

やっとこさCarScanner ELM OBD2ELM327
接続できたのでスキャンデータを読み込んでみます。

変わったデータは取ることができなくて、
面白いものは見つかりませんでしたが(笑

異常はないみたいです

一つぐらいエラーコードが出てるかなーと思った
のですが、何も出てまでんでした(笑

ブログ的には残念な結果ですね
これでまだまだコペンは走り続けられそうで安心ですね。

リアルタイムのエンジン回転数と温度、速さも取得できます。

アイドリング中なので速度は0km/hで、
エンジン回転数は756rpmです。

この表示がかっこいいアプリも有るので、
それを使ってサブメーター代わりに使っている人もいるみたいです。

こちらが取得しているデータ一覧です。
スクロールできるぐらいに項目があり画面に入りきってません。

コレならばレース前のコンディションチェックとはいかないものの、
高速道路を走る前にちょっとしたコンディションチェックとかもできそうですね。

取り付けが大変けど便利

常用するものではないので、取り付けが大変ではありますが、
簡単に車の情報を取得できるのは面白いなと思いました。

コペおじは車に関しては素人なので取得できるデータの半分以上は活用できないと思いますが、車好きとしては一個あると安心するアイテムなんじゃないかなと思いました。


Amazon | obd2 診断機 ELM327 v1.5 価格:1,369円

格安なOBS2スキャナーでも
十分な機能を持っているんじゃないかなと思います。

スマホ側のアプリもたくさんありますので、
それによって取得できる情報も変わってきますので、
色々試してみるのも楽しそうですね。


Amazon Autel MK808 OBD2 ¥51,575円

本格的に調べたい、今の情報じゃ物足りない!
って状態になったらガチの業務用の
上のような商品を買っていけば良いのかなと思います。

コペおじはしばらくELM327を使ってみようかと思います。

 

 

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関することやコペおじに聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。
コペおじに直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
※メールアドレスは公開されることは有りません。

ごあいさつ

ごあいさつ

ご訪問ありがとうございます! このブロクの更新は 毎週月曜日と金曜日の18時頃 となります。 余裕があれば指定以外の日も更新します(笑 ご連絡は、各記事のコメントやメールで受け付けています! コメントお問い合わせがあるとコペおじが喜びます(笑 相互リンク、喜んでお受けしております! お問い合わせフォームからご連絡いただけると嬉しいです。

●ツイッターやってます!

@copeoji

コペンに関してつぶやいていたりつぶやいていなかったり……
気軽にフォローしていってください!
●Youtubeやってます!
リンク:コペンをおじさんが乗り回すだけのチャンネル
(車系のチャンネルを分けました!)
お暇なときに見ていただけると嬉しいです。

良ければチャンネル登録していただけるとすごく嬉しいです!
Webページの作成を引き受けています!

コペおば(コペおじの嫁さん)は
フリーのWeb屋さんをしております!

このブロブもコペおばと協力して作成しております。
Webページの作成を考えている方、良ければお手伝いいたします。
(こちらは商売で行っておりますため、料金は頂戴いたします)

企業様からの案件も引き受けております!

詳しくは以下を御覧ください!

■shinshin (しんしん)
https://shinshin-web.com

こちらの投稿フォームからもご依頼を賜っておりますので気兼ねなくご相談ください!

お問い合わせ

カスタマイズ、車いじりの関連記事