新型プリウスが発表されましたね。コペおじです。

昨日(2022/11/16)、新型プリウスが発表されましたね!

コペおじは高校生の頃に自動車の部品製造工場でアルバイトをしていまして、
そこで2代目プリウスの部品を製造していたこともあって
縁のある車だったりします(笑

まあ、実際に運転したことはないんですがね……

ということで、
昨日(2022/11/16)発表された新型プリウスを見ていこうと思います。

ワールドプレミアで公開された動画を見ていきます

日本時間の2022/11/16 13:30から行われたワールドプレミアですね。
色々興味深い事も言ってたのでそれについて見てみようかなと思います。

プリウスの歴史

まず最初に初代プリウスから現行のプリウスまでの紹介がされました。

初代プリウスはドラえもんが出てたCMが印象的で今でも覚えてます。
「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーも印象的です。

当時燃費が15Lだった頃に30Lとか出してきましたからね、
かなりの衝撃を受けました。

最初の方はトラブルも多くなかなかに大変だったみたいですね。

そしてコペおじが部品を作っていた2代目のプリウスです。

この頃になるとだいぶハイブリットシステムも成熟してきて
トラブルも減ってきましたね。

このあたりから空気抵抗も考え始めて
初代のセダンタイプからハッチバックタイプに車体が変更されました。

そして2代目とそんなに変化がなかった3代目です。

よく事故で出てくるプリウスはこの世代のタイプではないでしょうか……
「ミサイル」とか言われてますが、間違えやすい操作感もあるとは思うのですが、それよりも運転する側の傾向もあるのかなとコペおじは感じます。

そして一気に今風な刺々しいデザインに変わった4代目です。

フロントの三角形のライトと言い、リアの一本書きのブレーキランプといい
コペおじ的には趣味が違うかなと感じました。

コペン乗ってるので丸っこいのが好みなんで、
刺々しいデザインは合わないのは当たり前といえば当たり前なのですが(汗

今プリウスを出す理由

そして新型プリウスを出す前に、
なんで今プリウスを出すのかの説明書されました。

プリウスという単語はラテン語で「開拓者」という意味合があり、
初代プリウスはガソリン自動車が殆どを占める世の中に
ハイブリット自動車として正しく「開拓者」として現れました。

時代はエコロジーや省エネが叫ばれ始めている頃だったので、
この低燃費なハイブリットカーは受け入れられ大ヒットする車となりました。

そして欧州では2035年でガソリン自動車の販売が禁止されるまでなりました。

トヨタとしては一気に電気自動車にかじを切るのではなく、
徐々にガソリン自動車から電気自動車にシフトしていくようです。

おそらく、今すぐに電気自動車にシフトしても、
給電設備や発電所の発電能力などのインフラが整っていないので、
とてもじゃないですが今のガソリン自動車と同じ働きができないと思われます。

例えば、日本では今日本にある車全てが電気自動車になると、
消費電力が日本にある発電所の総発電能力を上回ってしまい
維持できないという話もあるようです。
(今年の夏に節電要請がありましたしね、すでにギリギリな発電能力です……)

で、ちょっと前に発表された
トヨタ自動車の電気自動車のラインナップを表した写真が出てきます。

徐々に電気自動車にシフトしていくとはいえ、
開発や販売は全力で進めていくということのようです。

とはいえ、この写真の中で発売された「bZ4X」
トラブル続きで生産停止してたり躓いてしまってるのが気がかりですね……

ということで、トヨタとしては
徐々に電気自動車にシフトしていく上で
BEV:(バッテリ式)電気自動車
HEV:ハイブリッド自動車
PHEV:プラグインハイブリッド自動車
FCEV:燃料電池自動車
H2:水素自動車
を組み合わせてカーボンニュートラルやエコロジーを
追求していくという感じのようです。

H2があるってことはまだ水素自動車は諦めてないのかな?

「どれか一つがベストな解決方法では無い」といっていたのが
コペおじも正しくそうだと思います。
上手く組み合わせて今よりも良い環境にしていくのが現実的だと思います。

新型プリウスについて

そして最後に新型プリウスの紹介がされました。
こうぱっと見、新型クラウンに似てますね。

ここで先に定義していた
「いつまでハイブリットを作り続けるんだ……?」
の答えを言っていました。

先に書いた内容のことだったのですが、それに
「走行距離の長い車を増やすことで環境貢献につながるという発想」
というのがいかにも日本的な考えていいなと感じました。

古い車に重税を重ねて新しい車を買わせようとする
どっかの日本政府に言いたい言葉ですね。

自動車製造会社も会社なので売上がないと新しいクルマが作れないですし、
社員を養っていく必要があるのでなんとか買わせないといけないとは思います。

ですが、古くなったから、機能が悪くなったからだけで乗り換えるのも
まだまだ使えるのに新しいものを作るというのも
環境としては良くないと思います。

タイヤは本気の19インチ!

まじかよ、19インチを履くのか……

タイヤが大きくなると燃費も悪くなるんじゃ……
あえて履くところがなんかあのトヨタ社長らしいですね。

調べてみたら現行モデルの最大サイズが17インチで、
15インチを履いている物が多いようです。

そこそこ速い0~100km/h は6秒台

そこそこ速いですね……

スポーツカーやスーパーカーほどではないにしても
十分早いんじゃないでしょうか。

世間ではSUVが流行っているときに
スポーツ向けのの車を出す体力があるのもすごいですね。

長くなったので車内は次回見ていきます

そして走行シーンが流れてワールドプレミアは終了しました。

コペおじ的にはまた面白い車ができて楽しみではあります。

巷では「新型ミサイル」とか言われちゃってますが、
それは乗っている人の扱い方もあるのでプリウスのせいと言われると
ちょっと悲しい気分になりますね。

道具を扱うのは人間なので、
その人間がしっかりしないと危険になってしまいます。

次回は、外装や内装について見ていきたいと思います。

外装や内装ともに前のプリウスを残しつつ、
変わっているところはガラッと変わっているので
もしホンモノを見る機会があればちょっと実際に見てみたいなと思いました。

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関することやコペおじに聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。
コペおじに直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
※メールアドレスは公開されることは有りません。

ごあいさつ

ごあいさつ

ご訪問ありがとうございます! このブロクの更新は 毎週月曜日と金曜日の18時頃 となります。 余裕があれば指定以外の日も更新します(笑 ご連絡は、各記事のコメントやメールで受け付けています! コメントお問い合わせがあるとコペおじが喜びます(笑 相互リンク、喜んでお受けしております! お問い合わせフォームからご連絡いただけると嬉しいです。

●ツイッターやってます!

@copeoji

コペンに関してつぶやいていたりつぶやいていなかったり……
気軽にフォローしていってください!
●Youtubeやってます!
リンク:コペンをおじさんが乗り回すだけのチャンネル
(車系のチャンネルを分けました!)
お暇なときに見ていただけると嬉しいです。

良ければチャンネル登録していただけるとすごく嬉しいです!
Webページの作成を引き受けています!

コペおば(コペおじの嫁さん)は
フリーのWeb屋さんをしております!

このブロブもコペおばと協力して作成しております。
Webページの作成を考えている方、良ければお手伝いいたします。
(こちらは商売で行っておりますため、料金は頂戴いたします)

企業様からの案件も引き受けております!

詳しくは以下を御覧ください!

■shinshin (しんしん)
https://shinshin-web.com

こちらの投稿フォームからもご依頼を賜っておりますので気兼ねなくご相談ください!

お問い合わせ

雑談の関連記事