コペンのバンパーの傷をタッチアップをしてみた。(失敗編)コペおじです。

最近、暑くないですか?
扇風機回してても足りないけど冷房入れるまではないっていう中途半端な暑さですね……

コペおじはこういう時、スーパーマーケットや電車に乗って涼んだりするのですが、今の御時世そう気軽にも行けず……
家でなんとか扇風機で耐えてます。

話を戻しまして前回、洗車したって話を書きました。

コペンを1ヶ月前に洗車したよ。そのときに撥水ワックスしてみました!コペおじです。

そこで見つけた傷や飛び石の傷をなんとかしていこうっていうのが今回のお話です。

ただ、今回修正方法を間違えたのでさほど参考にならんです。ハイ。

もし、正しいタッチペンの使い方(公式ページ準拠)の方法は次回に書きたいと思います。

やらかした、ガリ傷

コペンの駐車は気をつけようね

前回にも書きましたが、コインパーキングでやらかしたと思われる傷を前回の洗車のタイミングでも見つけました。

コペンは車高が低いので、特にフロントバンハーは低いです。

前向き駐車する際は本当にお気をつけください。。。

ちなみに、コインパーキングの車止めは無傷でした。良かった。

ということで、この痛々しい状態を何とかするのが今回の目標です。

初タッチアップ購入

買う色を間違えた……

いつもの近くのホームセンターで、タッチアップを購入しました。

車好きの中ではかなり有名な補修ペンですね。
ただ、これ意外と高いんですね(汗

650円しました。


Amazon|SOFT99 タッチアップペン ダイハツ W24
価格:¥770

下調べして無くて「W24 パールホワイトⅢ」を買ってきたけどこれ、あってるんかな……

今調べてみると、コペンのパールホワイトは「DC・パールホワイトI」なので「W16 ホワイトパールMC」みたいっすね、微妙に色が違うと思った(失敗1


Amazon|SOFT99 タッチアップペン ダイハツ W16
価格:¥730

被験者コペンの傷を見ていく!

まずはフロントバンパ下の大きなキズ

ここが一番の難敵でしょうか。

正直バンパーはFRPなので錆びたりすることはないと思うので、このままでも見た目的な問題以外はないと思います。

でも、治せるなら直しておきたいよね。

フロントバンパー、左ライトの下、飛び石の傷?

買ったときにはもうあった、ほくろみたいな傷。

前オーナーさんが付けた傷だと思うのですが、飛び石にしては浅いし……
なんでしょうね、この傷。

フロントにありますが、傷の色も薄いですし目立たないのでこのまま放置していました。

放置してましたがこの際一緒に治そうかと思います。

運転席側のドアの傷

カメラが補正かけてくれたおかげで見にくいですが、前オーナーさんのタッチアップ跡があります。

前オーナーさんは相当やんちゃだったのかな、1cmぐらいタッチアップ跡と傷の凹みが有るんですよね。

どうみてもドアパンした後です、本当にありがとうございます。

助手席側のドアの傷

こっちもドアに少しと、本体側にも……

こっちはなんだろう?なにかをこすったらもっと長い傷がつくとおもんだけどな。

こっちも前オーナーさんのタッチアップ済みです。

両サイドドアに傷ってことはドアパンッテよりも車庫が小さかったとかかな?
それで気を抜いてドアを開けちゃって「ガンッ」ってかんじかしら?

でも、それ以外はほぼ傷がないので大切に使ってたんでしょうね。

タッチアップするよ!

全然ボディに乗らねぇ……

筆の液が重力で垂れちゃってなかなかボディに付けれません(汗

で、1度塗りした状態がこちら。

タッチアップの筆を上向きにして塗る格好になるから筆の液が 下に流れてボディにつかないんですよね~

重力に逆らってもいいように筆に大量に液を着けると今度はもりもりに塗られてしまいダマになる……

これでも30分ぐらい難儀して出来た状態です。

この時点でタッチアップを諦め別の策を考えることに

他の箇所はタッチアップでできそうでしたが、一気にやりたかったのでお預けです(涙

横着せずに次回ちゃんと直します……

 

 

公式ページを見てお勉強

99工房 深くえぐれたキズ(バンパー)の補修
https://www.99kobo.jp/repair/bumper/04_wonderful.html

なるほど、本気でやるならパテとかで整形したほうがいいんでしょうね(汗

でもここまで深くないしなぁ~

99工房 表面をこすったキズ(バンパー)の補修
https://www.99kobo.jp/repair/bumper/02_wonderful.html

こっちかな。

ガタガタになっているところは、研磨してならして、その後にシリコンオフか

手順を書くと

  1. 傷口を研磨してならす
  2. シリコンオフスプレーを吹きかける
  3. タッチペンを塗る(エアータッチというスプレータイプにする器具があるんですね)
  4. ぼかし液を吹きかける(より仕上がりが良くなる)

こんな感じでしょうか。

コペおじは過去にエアーによる塗装はしたことが有るので、そこは問題ないはずっ!

エアータッチなら重力にも逆らってくれそうだし、垂れてこない気がします。
この方法を使いましょうか。

次回完結!(したいなぁ)

ってことで、なんか毎回1度は失敗してる気がしますが、めげずに修理?していきたいと思います。

99工房 線キズ・引っかきキズ(ボディ)の補修 https://www.99kobo.jp/repair/body/02_wonderful.html

こっちのも参考になりそうですね。

厚く塗った後にサンドペーパーで適度な厚さまで削って、最後にコンパウンドで仕上げる感じですね。

こちらは色んな所に応用できそうです。

いろいろ大変ですが、こういうのも楽しかったりします(笑

 

メンテナンス、修理 | 商品レビューの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です