コペン(L880K)のワイパーを交換します。コペおじです

コペンはあまりしやすい車です。

そのためにあまり雨の日に運転をすることはなかったのですが、流石に購入して3年もそのままだったので、今回はゴムだけではなくワイパーブレードも交換しました。

ワイパーは普段特に何も感じない部分ではありますが、車検時の保守部品でもありますし、雨のときの視界を良くする安全運転での需要なものになりますので、壊れてきたら交換をします。

今回のメンテナンスは洗車、オイル交換より簡単なメンテナンスになります。

ワイパーとは

ワイパーの説明

ワイパーWiper)とは、汚れや不純物を拭き取る機構である。

自動車等の輸送機器に装備されるもの、住宅窓ガラスを拭くもの、精密部品など工業製品用のものなどがあり、ウエス製のものもある。毎年6月6日はワイパーの日である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC
Wikipediaより

ようは、ガラスについた雨粒などをかき分けて視界を確保する機器です。

ワイパーと車検

ワイパーは車検時の点検部品になりますので、基準にあってないワイパーは車検が通りません。

長い間交換せずにいると、ショップで車検時に新品に変更されtることがあるようです。

ワイパーが正常に動かないとNG

日本車だとステアリングの後ろの左側のノブを捻るとワイパーが動くと思いますが、それが動かないと車検が通りません。
また、正しくスイングしないのも車検が通りません。すぐに修理に出しましょう……

ゴムが切れているとNG

ワイパーはワイパーブレード(本体)とワイパーゴム(水かきゴム)の2つのパーツに別れてます。

 

で、ワイパーゴムが切れていると水キレが悪くなるので安全上よろしくないということなんでしょうね。
ワイパーブレードが錆びててもそれは車検には関係ないので、とおります。

水がキレないとNG

ワイパーと車体のフロントガラスが合ってなかったりすると、ガラスにワイパーが触らないことがあります。その場合は車検は通りません。
ちゃんとガラス面に触れて水切りができてないと駄目ということですね。

 

ウォッシャー液と車検

ワイパーの他に、ウォッシャー液も車検での点検部品の一つです。
こちらは今回補充しませんが、定期的に確認したほうが良いでしょうね

ウォッシャー液が出ないとNG

ステアリングのワイパーノブを手前に倒すと、液体が出てくると思います。
これが出てこないと車検に通りません。
強さも関係があって、ちゃんとガラス部に吹き付けてないと車検に通りません。

ワイパーの交換する道具を揃えます

ワイパーブレードだけで十分です

正直、道具は必要ないです(汗

交換するワイパーを買うだけで準備は完了です。
ワイパーには様々な長さがあるので、自分にあうパイパーの長さを調べてかえばOKです。

コペンは運転席側は45cmで、助手席側が40cmです。

コペおじはガラコのワイパーブレードを買いました。
正直、売り場で30分ぐらい悩んでコレにしました

正直、ワイパーってピンきりでやすいのであれば1000円以下でありますし、このガラコのワイパーブレードは2100円します。

はたして、値段と比率して性能(水はけ性能)は良くなるのか……?

とずっと考えていたら売り場で30分過ぎていたということです。
ワイパーって滅多なことがないと変えないような気がするので、人柱の意味も兼ねて高い方のこちらを購入しました。

高いのを長く使えれば安いのをすぐ壊してしまうより費用対効果は良くなりますしね(言い訳


アマゾンで買った方安いじゃないか

ワイパーブレードが新しい、きれいな人はゴムだけ売っていますので、それだけ取り替えればもっと安く済むと思います。

道具が揃ったので交換しましょう

慣れれば5分以内で交換できると思います。

車が違ってもつなげ方は一緒のようですね。

ブレード本体は金属製でかなりしっかりした作りです。
ブレードのゴムのガラコ感はあるかどうかわかりませんw

これが今までついていたワイパーブレードです。
純正ではなさそうですね。でも、錆びてもないのでそのままでも良かったのかもしれないですね

意外とワイパーブレードの外し方の書かれてる情報が少なかったので、メモっておきます。

  1. ワイパーの支柱とブレードを広げる
  2. 支柱とブレードの付け根にピンがあるので、それを広げる(硬いです)
  3. ワイパーブレード本体を下側に引っ張る
  4. 出来上がり

こんな感じで外れます。
錆びていると外れにくくなっていますので、グレグレも車体をキヅ付けないように気をつけましょう。。。

コペンおじは傷つけずにできました。

ワイパーブレードを外すとこんな感じになります。

あとは逆の手順で取り付けていくだけです。

はい、付け終わりました。

交換した日が晴天だったので、違いはまだわかってません(笑

メンテナンス、修理 | レビューの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です