スマホスタンドをマグネットホルダーに交換するよ。コペおじです。

前にあったAmazonのタイムセールで、
マグネットホルダーが安く売られていること
を発見しました。

ちょうど探していた丸形でなおかつ台座のないタイプだったので、
購入してコペンに取り付けることにしました。

今までよくある挟んでホールドするスマホスタンドを使っていたのですが、
コペンにとってスマホスタンドのアーム部分でも邪魔になることがあり、もっとコンパクトに済ませたいなと考えていたのです。

コペおじはドアミラーの操作パネルの下に
スマホホルダーをつけていました

まずは、コペおじのコペンは
ドアミラーを操作するパネルの付近にスマホホルダーを取り付けています。

コペおじはカーステをスマホに入っている音楽をBluetoothでカーナビに送って再生しているので、スマホをカバンやポケットから出しておきたいのです。

ただ、コペンにはスマホをおいておくスペースがないので、
スマホホルダーが必須となります。

そして色々試した結果、あの位置に落ち着いた感じになります。

ただ、お気づきな方もいると思いますが、

めっちゃ足にスマホホルダーが当たるんですよ(汗

この位置だと足にホルダーが当たって向きが
変わったりしてバッチリベストなポジションと言えません……

コペン(L880K)の運転席にスマホホルダーを取り付けたい。失敗しました。コペおじです。

助手席はドリンクホルダーの
タバコを入れる部分につけてみました

そして、余談になってしまいますが、助手席側は
灰皿を取り除いて取り付けるTAKE OFFのドリンクホルダーにタバコを入れる穴が空いていたので、ここにスマホホルダーを設置してみました。

こちらは結構使いやすい位置で、足も当たらないので、
かなりおすすめできます!

ただ、そのためにTAKE OFFの2万円ぐらいする
ドリンクホルダーを購入する必要があるのですが……

TAKE OFFのドリンクホルダーのタバコホルダーをスマホホルダーに改造してみた。コペおじです。

コンパクトに取り付けるため、
マグネットホルダーを購入してみました

まずは届いたマグネットホルダーを見てみましょう、

Amazonの画像では小さく見えましたが、
意外とサイズ感が違うものがあるので取り付ける前に確認しています。

今回比較用のものを一緒に写真に取り忘れてしまったので、
お伝えしづらいですね(汗

この箱のサイズ感的には、
バレンタインデーに売っている細長いチョコの箱って感じでしょうか?

そんなの大きくないですが、
手のひらサイズギリギリの大きさといった感じでしょうか?

簡易包装なので、
磁石に弱い製品と一緒に買わないほうが良さそうです

こちらが箱から出したところの写真になります。

商品名通り2個セットになっていました。

右にある2つの白いものは、マグネットを受ける丸い鉄板x2
洗浄用のアルコールシートです。

それが2つついてきます。

そう、2つです。

マグネットを受け取る丸い鉄板が一袋に対して2つはいってて、
それが2袋あるので合計で4つもついてきました。

多くね?

多くて困ることはないけど……

マグネットホルダーは意外と高さがありますね

そして本体側はこんな感じです。
サイズ的には持ち運びするタイプの朱肉サイズといった感じです。

大きくはないですが、薄くてコンパクトでもないので、
貼り付ける位置によっては目立つと思います。

粘着部は3Mで粘り気の強い素材でした

裏には取り付けるための両面テープが取り付けてありました。

保護フィルムに書かれてあるように有名メーカーの3Mなので、
粘着力には問題なさそうですね。

まずはLei05のマグネットホルダーを交換しました

それでは、早速コペンに取り付けていきます。

まずは予め取り付けていた、
Lei05のマグネットホルダーを交換していきます。

細長いマグネットホルダーだと横に傾いて取れてしまうことがありました

Lei05は車に完全には固定せずに、
取り外しがしやすいようにマグネットホルダーで固定しています。

Lei05はレンタカーなどで車を借りた場合にも
取り付けたいと思っているので、完全には取り付けないようにしています。

こちらが今回取り付けていたマグネットホルダーです。

こちらもかなり磁力が強く、
手帳型カバーを取り付けたiPhoneXもホールドし続けてくれます。

ただ、今回のLei05を取り付ける場合、Lei05の台座は正方形で、
このマグネットは長方形の形をしているので、
Lei05の台座の両側が浮いた状態になってしまいます。

その状態で、Lei05のケーブルが引っ張られるなどしてしまうと
浮いた片側に倒れてしまい、しっかりと固定できないことがあったのです……

スマホを取り付ける場合はスマホに対して
平行に取り付ければ傾くことがないので起きなかった問題ですね。

ということで、まずはここのマグネットホルダーを
サイズの合うものに変更しようというわけですね。


Amazon 車載ホルダー マグネット 2個セット 価格:899

古いマグネットホルダーは裏についていた
粘着テープが強くてナイフでこじって外しました(汗

で、古いマグネットホルダーを取り除くのですが、
思った以上に裏の粘着テープが強く手では外すことができませんでした(汗

アウトドアで使うために持ってきてた
VICTORINOXのマルチツールがあったので、
これで、粘着テープをこじって外しました……

たしか、このマグネットホルダーの粘着テープは特にメーカー名とかなかったのですがかなり頑丈にくっつくタイプだったみたいですね。


Amazon VICTORINOX(ビクトリノックス)
ナイフ ソルジャーナイフ 0.8461.MWCH
価格:5,280円

交換する感じで新しいマグネットホルダーを貼り付けます

頑張ってこじって古いマグネットホルダーを外すことができたので、
今度は新しいマグネットホルダーを取り付けます。

裏の保護フィルムを外せば取り付けることができます。

こちらも粘着剤がとても粘るので
保護フィルムを剥がすのも苦労しました(笑

が、めちゃくちゃ粘る!

こちらも粘着性が強くて保護フィルムを外せません。
両面テープを外すように引っ張る方法では取れませんでした(笑

粘着力に期待しつつ、取り外す方法を模索します。

爪をこの伸びた部分に突っ込んで、伸びた部分を本体に戻すようにカリカリとひっかくと少しだけ接着面が本体に戻るので、あとは両面テープの保護フィルムを外すような感じに引っ張るとやっとめくることができました。

あとは貼り付けるだけです

あとは、取り付けた部分に押し付けるだけです。

こちらの接着もかなり強力なので、取れることはなさそうです。

台座とも近いサイズなので、ホールド感が増しました!

はい、これで完了です。

この後、このまま少し運転しましたが
コペンの振動にも耐えてくっついてくれました。

古い細長いタイプのマグネットホルダー寄りは磁力が弱いように感じましたが、
それでも強く引き剥がさないと取れないので十分だと思います。

スマホを取り付ける方はカーナビの横につけてみました

残りの1個はカーナビのモニターの横に取り付けることにしました。

本当はもっと運転席側のスマホホルダーがある
上辺りに取り付けたかったのですが、
あそこは局面になっていてうまく張り付いてくれませんでした。。。

コペンって曲面部分が多いので
こういうとき大変ですね……

カーナビの視界に入ってじゃまになりそうな位置に見えますが、
スマホを右寄りに取り付けておけばカーナビの画面を隠すこともありません。

なんでその時の写真を取り忘れたんだ!

ということで、なぜかスマホを取り付けた時の写真がないので、
ここからのレビューは文章だけとなります。とほほ

コペンの振動でも安定してくっついてくれました

こちらも取り付けたあとにコペンで運転したのですが、
コペンの振動や突き上げでスマホが回転するとか、
移動するということもありませんでした。

ただ、磁力が届く範囲が狭いようで、スマホカバー越しに鉄板を入れても
少しの振動で取れてしまいます。

付属している鉄板には両面テープがついているので、
これでスマホカバーに貼り付けておきました。

また、鉄板の他にも貼り付けた鉄板の上から被せる透明のフィルムもあるので、
鉄板をさらに外れしづらくできます。

が、写真を取ってない……

スマホのGoogleMapを使いたいときも見やすいです

そして、カーナビの横に取り付けたので、スマホの画面も見やすくなりました。

注視するのは交通道路法違反になるので、気をつけないといけませんが、
カーナビのナビでは対応できない地点をスマホのナビで案内するときに
便利な位置となりました。

コペおじは道を調べるとき、通りやすさやルートのわかりやすさで
カーナビを9割ぐらい使ってるのですが、
やっぱり時代の流れというか、
スマホのカーナビアプリにしかない情報もあったりしてたまに使ったりします。

その時に今までの位置では、全く画面が見れないので
音のみでしかナビを受けることができなかったんですよね。

それが、画面も見られるようになったので、
よりスマホのナビを使う機会が増えてきそうです。

マグネットホルダー、
コペンのような狭い車だと便利だよ!

今まで磁石ということで、スマホの動作に悪影響がありそうと考えていたためなかなか使ってなかったマグネットホルダーですが、

直接ダッシュボードやインパネに取り付けられるものもあるので、
コペンのような車内の広さが限られる車にはぴったりなスマホホルダーだと感じました。

スマホ側も鉄板を貼り付けたりと用意が必要ですが、
磁石による吸着もかなり強くちょっとの振動では取れないのも便利なポイントですね。

磁力が精密機器に悪影響がありそうとも思いましたが、
普段は鉄板しかスマホにはついてませんし、
磁力こそ強力ですが、影響範囲が狭いので
ナビの方位も狂うことなく使えます。

流石にクレジットカードとかを
近くにかざしてしまうとクァれてしまうと思いますが……(汗

値段も2個で1200円以下なのでやすいものいいですね。

コペおじはこのまましばらく使ってみようと思います。


Amazon 車載ホルダー マグネット 2個セット 価格:899


Amazon YOSH スマホホルダー 二枚セット 価格:1,299円

気軽にコメントをどうぞ!

この記事に関することやコペおじに聞きたいこと等、小さいことでもコメントしていただける嬉しいです。コペおじに直接連絡したい方は下のお問合せフォームをお使いください。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。※メールアドレスは公開されることは有りません。

ごあいさつ

ごあいさつ

ご訪問ありがとうございます! このブロクの更新は 毎週月曜日と金曜日の18時頃 となります。 余裕があれば指定以外の日も更新します(笑 ご連絡は、各記事のコメントやメールで受け付けています! コメントお問い合わせがあるとコペおじが喜びます(笑 相互リンク、喜んでお受けしております! お問い合わせフォームからご連絡いただけると嬉しいです。

●ツイッターやってます!

@copeoji

コペンに関してつぶやいていたりつぶやいていなかったり……
気軽にフォローしていってください!
●Youtubeやってます!
リンク:コペンをおじさんが乗り回すだけのチャンネル
(車系のチャンネルを分けました!)
お暇なときに見ていただけると嬉しいです。

良ければチャンネル登録していただけるとすごく嬉しいです!
Webページの作成を引き受けています!

コペおば(コペおじの嫁さん)は
フリーのWeb屋さんをしております!

このブロブもコペおばと協力して作成しております。
Webページの作成を考えている方、良ければお手伝いいたします。
(こちらは商売で行っておりますため、料金は頂戴いたします)

企業様からの案件も引き受けております!

詳しくは以下を御覧ください!

■shinshin (しんしん)
https://shinshin-web.com

こちらの投稿フォームからもご依頼を賜っておりますので気兼ねなくご相談ください!

お問い合わせ

カスタマイズ、車いじりの関連記事