コペンの種類について。コペおじです。

コペン(L880K)で車載動画を取りますよ。こぺおじです。

前回、マイクを変えたよ―っていうブログを書いて、その使用レビューをお伝えしようと思ったのですが、

動画編集が時間かかってしまったので別の話題でお茶を濁そうと思います(素直)

今頑張って編集してますので今しばしお待ち下さい(汗

で、今回はコペンて増えましたよね。

  • 旧型コペン(L880K)
  • コペン Robe
  • コペン Cero
  • コペン XPLAY
  • コペン クーペ
  • GR コペン SPORT

この4つの違いとかコペおじの偏見と独断による感想を書いていこうと思います。

まずはコペンたちの説明をします

旧型コペン(L880K)

コペおじは旧型コペンと行っていますが初代コペンと呼ぶ方もいます。

2002年から2012年の10年間生産された息の長い車になります。
軽自動車の中では最長の生産期間ではないでしょうか?

軽自動車初のアクティブトップ(電動オープン)カーと登場し、ホンダ ビート、スズキ カプチーノと軽スポーツカーの座を争ってました。

エンジン性能に余裕があり、少しいじれば100馬力超えできてしまうようです。

左ハンドル仕様がないにも関わらず海外にも輸出され、ヨーロッパに渡ったコペンもありました。
その際に、1300ccに排気量を上げられたようです。

コペン Robe(LA400K)

写真はダイハツのコペンの公式サイトより
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

旧式コペンの生産終了から1年10ヶ月後にフルモデルチェンジされて発表されたのがコペンRobeになります。

前の可愛い顔から一変、今風の尖ったデザインになりました。
(このデザインに対しては賛否両論あるみたいですね)

骨格の剛性がアップし、運動性能も向上しているので、旧型コペンより高速巡航などの運転のしやすさが改善しました。

また、骨格のみで強度を確保できる様になり、外板が樹脂製となることで外板パーツを自由に変更できる「Dress-Formation」を取り入れました。

その御蔭で、このコペン Robeはバリエーションが増えました。

旧型コペンにも装備されていたMOMOステアリング、RECAROのシートは引き続き装備でされています。
今では珍しくなりつつあるMTグレードもあります。

ダイハツの安全支援機能の「スマートアシスト」は非対応の車種なので、自動ブレーキ機能などは使えません。

コペン Cero

写真はダイハツのコペンの公式サイトより
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

Dress-Formationにより、旧型コペンに近くなったバージョンです。

旧型コペンと比べるともっこり感がありますが、愛くるしい顔はそのままになってますね。

性能自体はコペン Robeと同じです。
ディーラーさんに言えばRobe⇔Ceroの変更をしてもらえるみたいですね。
価格あ30万ほどと聞きました。

コペおじはCeroは町中で見かけたことはないですね。Robeや旧型コペンはたまに見かけますが。

コペン XPLAY

写真はダイハツのコペンの公式サイトより
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/index.htm

Dress-Formationにより、SUV風になったバージョンです。

多面体ボディと多面体グリルを採用し、センタークラスターの骨格をインパネ上部まで張り出した「クロスフレーム」を採用しています。

2014年の東京オートサロンで好評だったので販売を決定したそうです。

キャンプとか行くならこちらのデザインのほうが似合いそうですね。

コペン クーペ

写真はダイハツのコペンの公式サイトより
https://coupe.copen.jp/

2016年の東京オートサロンで発表されて、好評だったので200台の限定で販売されるクローズトップタイプのコペンです。

基本的にはコペン Ceroと同じですが、オープン機能を廃したのでルーフ周りのデザインが一新されています。

リアデザインが特に好きです。
なんか高級感があります。

内装や、サスペンションなど細かいところに手を加えているみたいですね。

コペおじの動画ではないのですが、納車されている方が動画を上げていましたのでご紹介させていただきます。

真っ白もいいですね。緑も好きです。

改造車扱いになるので、車検証に(改)の印が付きます。

GR コペン SPORT

トヨタのGR部門がコペンをカスタマイズしたものになります。

エンジンなどには手を加えてませんが、外装などの最適化やサスペンションやフレームを強化擦ることによってより走りやすいカスタマイズがされています。

コペンGR SPORTが出ましたね。旧型コペン(L880K)との比較をしたいと思います。コペおじです

こちらに詳しい記事を書きましたので、よければ見ていってくれると嬉しいです。

性能の違いはほぼないよ!

旧型コペンと新型コペンの差はありますが、コペン Robeとコペン Ceroの差は殆どないと思われます。

コペンの性能違い表
旧型コペン
(L880K)
コペン Robe S
(DBA-LA400K)
コペン Cero
(DBA-LA400K)
コペン XPLAY
(LA400A)
コペン クーペ
(DBA-LA400K 改)
コペンGR SPORT
(3BA-LA400A-KBVZ)
エンジン出力 64ps(47kW)
6000rpm
64ps(47kW)
6400rpm
64ps(47kW)
6400rpm
64ps(47kW)
6400rpm
64ps(47kW)
6400rpm
64ps(47kW)
6400rpm
エンジントルク 11.2kg・m
(110N・m)
3200rpm
9.4kg・m
(92N・m)
3200rpm
9.4kg・m
(92N・m)
3200rpm
9.4kg・m
(92N・m)
3200rpm
9.4kg・m
(92N・m)
3200rpm
9.4kg・m
(92N・m)
3200rpm
排気量 659cc 658cc 658cc 658cc 658cc 658cc
ミッション AT4
MT5
CVT(7速)
MT5
CVT(7速)
MT5
CVT(7速)
MT5
CVT(7速)
MT5
CVT(7速)
MT5
タイヤサイズ 前輪:165 / 50R16
後輪:165 / 50R16
前輪:165 / 50R16
後輪:165 / 50R16
前輪:165 / 50R16
後輪:165 / 50R16
前輪:165 / 50R16
後輪:165 / 50R16
前輪:165 / 50R16
後輪:165 / 50R16
前輪:165 / 50R16
後輪:165 / 50R16
室内長×
室内幅×
室内高
890mm
1250mm
1040mm
910mm
1250mm
1040mm
910mm
1250mm
1040mm
910mm
1250mm
1040mm
910mm
1250mm
1040mm
910mm
1250mm
1040mm
全長×
全幅×
全高
3395mm
1475mm
1245mm
3395mm
1475mm
1280mm
3395mm
1475mm
1280mm
3395mm
1475mm
1280mm
3395mm
1475mm
1280mm
3395mm
1475mm
1280mm
価格 中古 60万円以上 新品 199万円以上
中古 120万以上
新車:194万円以上
中古:118万円以上
新品 188万円以上
中古 115万円以上
新品 248万円 以上 新品 238万円以上

すみません、表が大きくなってしまいました(汗

こう見るとほぼ横並びな性能なんですね。
赤い文字が性能がほかと低い場所になります。

性能を見ると軽自動車はもう規制ギリギリまで性能が進んでいて性能自体は頭打ちなんだろうなと思います。

コペン XPLAYは車高を上げているのかと思ったのですが、そのままなんですね。知りませんでした。

ちょっとだけ、おせっかいで話しますと、
コペンのタイヤサイズは特殊でお店によっては置いてないところもあるみたいです。
もし、タイヤ交換される際はタイヤサイズをお店で予め伝えてあるかどうかを確認してみてください。

しかし、中古価格も新車価格とそんな(と言っても30万以上違いますが)変わらないんですね。

コペンを買うんだったら自分の好きなデザインで決めていいのかも

性能にさほど違いはないので、あとは自分の好みでいいのかなと思います。

スポーティな見た目が好きな方は
コペン Robe
GR コペン SPORT

アウトドアをやるからボコツなデザインが良ければ
コペン XPLAY

丸っこいデザインが好きなら
旧型コペン
コペン Cero
コペン クーペ

といった感じになるのでしょうか?

これからもコペンファリミーは増えていくのでしょうかね~

雑談の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です